シワやクマのない肌に|人気の高い施術がある|目の下のたるみを解消して明るい笑顔

人気の高い施術がある|目の下のたるみを解消して明るい笑顔

女の人

シワやクマのない肌に

ドクター

真皮層と表在性筋膜の収縮

顔のたるみは、肌の真皮層や表在性筋膜が伸びて弾性を失うことで生じます。肌は伸びると、つづら折りにしたような状態になるのですが、それによってシワや、段差の影によるクマができます。逆に言えば、たるみを改善させれば、シワやクマのない顔にすることができるわけです。そしてそのために美容外科では、真皮層や表在性筋膜を熱で縮ませるという治療がおこなわれています。真皮層も表在性筋膜もたんぱく質で作られているのですが、たんぱく質には熱で凝固するという性質があります。肉や魚は、焼くことで縮みますが、それは肉にも魚にもたんぱく質が多く含まれているからです。具体的には美容外科では、熱を与えるために電磁波や超音波が使われています。火と異なり、肌を焦がすほどの高熱ではないので、適度に熱して真皮層や表在性筋膜を収縮させ、たるみを解消することができるのです。

自身でのクーリング

電磁波や超音波を使った施術では、肌の深部に直接熱を与えることができます。つまり肌表面を温めて、その熱を深部にまで伝えるという施術ではないわけです。そのため表皮層が強く熱されることはなく、施術後に熱による乾燥や火傷が生じることはありません。しかし、温められた真皮層や表在性筋膜からは、表皮層に多少の熱が伝わってきます。それにより赤みや腫れが生じることがあるので、施術後には顔のクーリングをしっかりとおこなうことが必要とされています。赤みも腫れも数日程度で自然に消えますが、クーリングをするとそれが一層スピーディになるのです。また、施術直後から顔のメイクをすることは可能ですが、メイク後のクレンジングは優しくおこなうことが大事です。強い刺激を与えると、縮んだたんぱく質が引っ張られることで伸びて、再びたるみが生じる可能性があるからです。