人気の高い施術がある|目の下のたるみを解消して明るい笑顔

婦人

バッグ挿入法とは

胸

バッグ挿入法は美容外科で受けられる豊胸術の1つで、大幅にバストアップ出来る点が魅力です。施術を受ける場合は、万が一バストに挿入したシリコンが破損した場合、無料で入れ替えるなど保証制度が整っているクリニックを選ぶと、安心して施術を受けられます。

もっと詳しく

シワやクマのない肌に

ドクター

顔のたるみは、真皮層や表在性筋膜が伸びることが原因です。そのため美容外科では、これらを電磁波や超音波で収縮させるという治療がおこなわれています。ただし施術後には、十分にクーリングをすることが必要です。また、たるみの再発を防ぐため、メイクやクレンジングで強い刺激を与えないように注意することも大事です。

もっと詳しく

安全で即効性のある整形

ナース

ヒアルロン酸は人体の表皮の下にある真皮の中に存在している成分で、保湿したり保水したりする働きがあります。ヒアルロン酸注入を行うと、顔のシワなどを改善することができ、2ヶ月から3ヶ月ぐらい効果が持続します。施術時間は10分少々で、傷跡が残らずアレルギー症状や副作用などのリスクもほとんどありません。

もっと詳しく

切らない治療で悩み解消

男女

目の下がたるみ、どんよりとした雰囲気を作り出してしまっているという悩みはないでしょうか。目の下がたるんできてしまう原因は、加齢による肌の弾力の低下や、皮下脂肪の定着です。これらの原因を取り除くことが出来れば、目の下のたるみは解消され、生き生きとした若々しい印象を取り戻すことが出来ます。通常、目の下のたるみは脂肪除去という方法で解決させます。これは、メスで目の下のたるみを物理的に切り取ってしまう方法ですが、メスを使うのが怖い、値段が高そう、という理由からなかなか手術に踏み切れいないでいる人が多いことも事実でした。そのため、近年切らないたるみ取りと呼ばれる治療方法が人気を得てきています。短時間で治療が終わり、また傷跡が残ることもないので、多くの女性から支持を得ている方法です。

では、切らない治療とは具体的にどのようなものなのでしょうか。方法はいくつかありますが、その中の一つが、自分の脂肪や保湿成分を注射器で採取し、周りの脂肪に再注入させるという方法です。この治療方法では、細胞を若返らせる作用のある場所に注入することで肌にハリをもたせ、しわやたるみを解消させることが出来ます。自分の脂肪を使うので、拒否反応が出ることもなく、安心して施術を受けられます。もう一つが、レーザーを使った方法です。特殊なレーザーを気になる部分に照射することで、肌の奥にそれらが働きかけ、肌の弾力を復活させられるといった治療法です。どの治療法においても、ダウンタイムは短く、すぐに効果を実感することが出来るため、おすすめです。

リンク

  • 目の下の悩みを克服した主婦の奮闘記

    若々しい目元に変わることができます。目の下のたるみが気になるという場合に美容外科に通い始めてみませんか。